FC2ブログ

George Michael “ John and Elvis are dead ”

ガザの空爆、おさまりそうもないですねー。
俺たちには権利があんねん、とそれぞれが言うてるんでしょうけど。
力づくでも国の平和を手に入れたるねん、てなことでやってることやから、何やってんねん、て言われたかて、簡単にはやめられへんのでしょうね。
なんらかの形で停戦に漕ぎ着けられたとしても、根本的な解決に結びつくようなものではないんだろうなー、て思てまいます。

何でなんでしょうね?
建前的なものにすぎないのかもしれませんけど、人々は平和を愛するもんでしょ?
宗教はそういう人を育てるもんでしょ?
まるっきり排他的になっててあきませんよねー。
長い闘争の歴史が協調を阻害するのなら、人は何も変えられへん、てこと?
変えようと努力してきた人たちはいましたし、そういう人たちは広く共感を得てきたはずなのにね。

ミュージシャンでも、LOVE & PEACEを歌てた人たちは何人もいますもんねぇ。
平和な世の中を求めてた、ていうのは歴史的に見たら、ごくわずかな期間にすぎないの?
いつの時代にも虐げられた人たち、ていうのは存在しますけど。
いつになったら争いごとのない世界は実現するんでしょうね?
キリスト教的に言うたら、キリストが十字架に架けられて、人類の罪を一身に背負って償ったんよね?
いったんきれいになったはずやのに、人類みんな仲良く暮らせましたとさ。てならずに今に至ってるのよねー。
キリストは何を変えられたんやろね?

全く役立たずとは言わへんけど。
結局、人のことは人が解決するしかないのよね。
キリストより、聖書のことばよりも、ジョン・レノン(John Lennon)やエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)、マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)の歌声の方が、よっぽど平和に貢献してるんやないかな?て思えてきます。
ちと言い過ぎ?
劇的に変化を起こしていただろう、とまでは思いませんけど。
でも、彼らがまだ生きていたら、世界はどう変わっただろう?と想像してしまいます。

ジョージ・マイケル( George Michael )の「John and Elvis are dead」でも、そんな感じに歌てます。
差別や貧困等々、他にもいろいろ問題はありますよね?
そういうのを変えていこうとしてきた歴史がありますけど。
それでも悲劇的な出来事っていうのが起こるんだから、神はどこにいるの?て気になるんでしょうね。
人々はよい社会をつくろうと努力してきても、うまくいかないとあきらめてもうたんかな?
そんな努力より、自分の懐をあっためるのに忙しくなっていくものなのかな?

ジョン、マーヴィン、エルヴィス。
単にそう呼ぶだけで彼のことやね、て誰もがわかる存在ってのはそんなにいませんよね。
他にはマイケルていうたらマイケル・ジャクソンとか数えられるくらいしかいないでしょ?
偉大な人たちはやっぱ違うなー、て思わされます。
それだけ人々の心の中に入ってる、てことですもんねぇ。

ただ気になるのはエルヴィス。
彼って、平和とか愛とかっていうイメージなの?
そういうとこ、あるのかもしれないけど、そんなに強調される特徴やないと思うんだけどなー。


僕の親友が子供の頃に昏睡状態になったんよ
75年から何の反応も示さへんねん
ある日、どないしてんのん?て神さんに電話されたんやろなーって思うんや

彼は僕に電話してきてん、んで言うててんもん
「1週間くらい眠れんでやー。
医者に行ってこよ、思てんねん。
眠れるよにしてくれるやろ。」てね。
んで、彼は笑て言うたわ
「なー、女の子ってみんな同じよに見えるなー」てね。
彼女たちはお母ちゃんたちが血ぃ流して、涙を流して変革しようとしてきた歴史を知らんねやろね。

彼が優しく言うた言葉には泣けてきたわ
それがずっと残ってて、頭ん中は混乱しっぱなしやねん。
「イエス・キリストが生きててピンピンしてんねやったら、なんでジョンとエルヴィスは死んでもうたんやろ?」て彼は言うたんよねー。

若者世代、素晴らしい若者たち
僕たちは真実を見つけるまで壁を突き抜けて歩いてたんや
「変えるでー、世の中ひどいんやから変えてかなあかんなー」て言うててん。
僕たちが知ってた人たち皆、
めちゃ昔のうちに、あきらめてもうたんちゃうん、て。
顔みてたらわかるっちゅうねん
服の中にもあきらめました、て書かれとるしねー。

あの言葉には泣かされたわ
だって、どういう意味なのか、わかってたからねー
彼は振り返って言ったんよ
「ねぇ、イエス・キリストが生きててピンピンしてんねやったら。
なんでジョンとエルヴィスは死んでもうたん?」って。
「イエス・キリストが生きててピンピンしてんねやったら。
なんでマーヴィンとエルヴィスは死んでもうたん?教えてぇや」って言うたんよ。

僕は「イエス・キリストが僕たち自身から僕たちを救済したろー、て思てたなら、なんで平和や愛、そしてエルヴィスは死んでもうたんやろなぁ?」て言うてん。

George Michael “ John and Elvis are dead ” Youtubeはこちらへどうぞ。




コメント

No title

こんにちは!
お知らせです。

ブログをお引っ越ししました★
急でご迷惑おかけします。

ぼちぼち整えていくので
またお暇な時にのぞきに来てやってくださいませませ♪

こんにちは

平和を願うのは その国で生活してる人たち
戦争してる人は 命令で動いてる人
命令を出してる人たちは 安全な場所
そして 裏で引いているいるのは 武器商人
建前は何でも言えるし 作れる、
現実は 金儲けです

こんにちは

力づくでも国の平和を の結果
悲しい思いをするのは 国民なのですよね
それで 勝ち取った平和って
ほんとうの平和なのかな?って 疑問に思います

まるこさん、こんにちは

はいは〜い。
お引っ越しですね
了解で〜す

みかんさん、こんにちは

イスラエルも米国同様軍需産業の存在が大きいですもんね。
兵器販売のデモンストレーション的な効果もあるんでしょうね。

被害をうける一般市民を闘士に変えますし。
憎しみの連鎖が戦闘を続けさせるんでしょうね。

kotoneさん、こんにちは

まわりは全て敵、てなイスラエルだから、平和は勝ちとるものと思てそう。
迫害の末に建国したんだから、まわりに配慮して国が滅ぶよりはいい、て考えていそうですし、まわりがどう思おうと気にしないのでは?
核兵器を持っているのも公然の秘密、なんて言われる国だから、なんでもありなんでしょう、て思てまいます。

No title

本気で指導者にやめる気があるのなら、既に戦争はなくなってるはずですよね。
まさに憎しみの連鎖ですよね。
そうそう、軍需産業・・・死の商人達がいる限り・・・

かえるままさん、こんばんは

軍需産業の存在は紛争の原因ではないですけど、明らかに助長するものですよね。

乱暴な意見ですけど、全面的にやりあうくらいなら、代表を出して一騎打ち、なんてので決着つけてもいいのになー、なんて風にさえ思てまいます。

プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR