FC2ブログ

Lauryn Hill " the Miseducation of Lauryn Hill "

ローリン・ヒル(Lauryn Hill)。
20世紀の終わり頃、絶大な人気を博していた女性シンガー/ラッパー。

圧倒的な人気のあった人が長らくアルバムをリリースしないでいると、どうしたんでしょ?て思ったりしてしまいます。

ローリン・ヒルといえば、最初にその名前を耳にしたのは映画『 天使にラブソングを2 』で見事な歌声を披露していた時でした。

3人組ヒップホップ グループ、フージーズ(The Fugees)の紅一点としてヒットを飛ばしまくり。
ソロとしても大成功。

日本でもCMなんかに彼女の曲がつかわれたりして、人気ありましたね。

「現代女性の理想」とまで謳われるくらい、音楽だけでなくて、そのファッション性や人物性もスポットライトを浴びて一時代を築いたといっていいんでしょう。

「Killing Me Softly With His Song 」や「No Woman,No Cry」といったカバー作品も光るいアルバムでした。

このアルバムがひとつのピークといっていい作品でしょう。

そんな大成功をフージーズでおさめていたとはいえ、それを上回るような成功をソロでも手にするとまでは思ってませんでした。



これ以上ないようなキャリアを築いていたはずなので、活動が停滞気味なのはもったいないですね。

私生活で問題があったのかもしれませんが、一番売れているときに子供を宿した時にも、その体験から名曲「To Zion」をつくれたんですから。

心に染み入るような歌いっぷりが好きでした。

返り咲いて欲しいですね。
何年も前から制作中って言われてるアルバムはどんなものになるのか気になります。

でも、そういうのは、結局お蔵入りで、新たに作り直したのを発表、てな感じになることも多いですから聴けないのかもしれませんけどね。


Lauryn Hill “ To Zion ” Youtubeはこちら


コメント

こんにちは^^

『 天使にラブソングを2 』
家に DVDもあって 観たはずなのに・・・
覚えてません^^;
ぼんやり 観てるんでしょーね・・・^^;
観たら あぁ!って わかるんでしょーけど^^

新しいアルバム
はやく 発売されると いいですね^^

kotoneさん、こんにちは

この子がローリン。てわかってからみても、え?そうなの?て思てまいます。
当時から上手だなぁとは思うんですけどね。

こんにちは

お蔵入りしたものを 改めて 引っ張り出すと
そのときの自分は成長してるから
けっこう 未熟だったもの 再び出そうとすると
また 作り直したりして 結局
新しいものになってしまう、ということかな。

みかんさん、こんばんは

時間をかけすぎると、もっといいものが出来たりして、これは出すのやめておこう、てなってしまうんでしょうけど。

どんなのだったのかな?と気になってしまいます。

まだ、お蔵入りさせて作り直し、とは限らないですけどね ^_^;

プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR