FC2ブログ

ザ・ブルース・ブラザーズ(THE BLUES BROTHERS)

言わずと知れたコメディアン、ジョン・ベルーシダン・エイクロイド

彼等扮するジェイクエルウッドのブルースブラザーズの映画です。


一昔前なら、この説明でOKだったと思うです。
でも、今は違うでしょうね。


ブラックスーツにサングラスの2人組
この説明でも、『メン・イン・ブラック』を思い出す人の方が多いかもしれない。


ということは。
観たことない人、けっこういるんじゃないの?て思ってしまいます。


私がはじめてこの映画を観たのは高校生の頃でした。
その時にはジェイクを演じたジョン・ベルーシは既に亡くなってました。

当時の私の認識は。

ゴーストバスターズ』に出てたダン・エイクロイド出演の映画。
コメディでミュージカルらしい。

この程度のものでした。

ブルースブラザーズとは、かの『サタディ・ナイト・ライヴ』でのキャラクターなわけですが、サタディ・ナイト・ライヴを知らなかった私が知りえるわけもなく。

エディ・マーフィとかがここで人気を得てスターになっていった。てな感じの人気TVショーらしい。

後日、サタディ・ナイト・ライヴでジョンが侍に扮してる、てのを観ましたが、当時はそんなもんでした。


そんな人気番組に出ているとはいえ、ここは日本。
ジョン・ベルーシのことなんて、全く知りませんでしたし、音楽活動をするブルースブラザーズのことも当然知りませんでした。


そういうわけで、関心の対象外だったんですが、友人とレンタルビデオ借りて観ました。


期待度が低かったのに。
めちゃ面白い!!

当時は洋楽リスナーなりたて。みたいな頃だったので、出演者も「誰これ?」てな人ばっかりだったんですが。



今は亡きレイ・チャールズ
ソウルの女王、アレサ・フランクリン
ソウルの帝王、ジェイムズ・ブラウン
そしてキャブ・キャロウェイ


ブルースブラザーズバンドを構成するのが

スティーヴ・クロッパー(STEVE CROPPER)
ドナルド・ダック・ダン(DONALD"DUCK"DUNN)
ルー・マリーニ(LOU"BLUE LOU"MARINI)

をはじめとする精鋭達。

いやはや、実に、めちゃ豪華な布陣です。


それまでブルースなんてものは地味な音楽という認識だったんです。

でも、この映画を観たら認識かわりました。

ブルースしか流れないわけではないので、ちと差し引いておくとしても。

楽しい!
コメディ映画で流れる音楽なんだから暗い感じのであるはずありませんよね。


ジョン亡き後、続編『ブルースブラザーズ2000』もつくられましたが、やはり、先につくられたこちらの方がいい。


続編はオリジナルを越えられない。
越えようとも思わなかったかもしれませんが。


ドタバタコメディしかもミュージカル。
ファンでなくても楽しめるパターンの映画ですね。











コメント

プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR