FC2ブログ
60’sのポップスって、キラキラ輝いてるというか、明るすぎなんちゃうん?て思てまうくらい明るい曲調の歌が目白押しですよね。
クリスタルズ(Crystals)の「Da Doo Ron Ron」なんてのもそんな曲。
これまたいろんな人がカバーしてますけど。
ショーン・キャシディ(Shaun Cassidy)もカバーしてるの。
女性グループの歌を男性がカバー、ってのは上手な人がすることやろ?て思うんですけど。
彼は、めちゃ上手いとかいう感じやないですけど、恋に浮かれた感じが似合てるように思えます。
成功したカバー曲ですね。

歌詞の中にBillて人の名前が出るんですけど、そこはJillに差し替えてます。
せやないと男の人が男の人に惹かれてるっぽくなって、同性愛者になってまいますもんね。
実際のとこ、ダドゥーロンロンロンダドゥーロンロンてなコーラス部分ばっかり耳に残ってしまうから、そこ、直しとかないでも、ファンは気にしないような気もしますし、そもそも歌詞も要らないのかも。て思てまうくらいですけどねー。
ダドゥーロンロンロンダドゥーロンロン
これ、多分意味あらへんフレーズなんでしょうけど、よぅ思いついたね、てなくらいスルッと入ってきますね。
日本の歌でも、こういう意味あらへんフレーズをうまいことつくって取り入れたのがあったら聴くのになー。

アイドルらしいアイドルて、こんな風にキャーキャー言われるんかとYoutubeみて思てまいました。

はじめてのデートなんやろね。
何かにつけて舞い上がるような気持ちを歌てるんですけど。
デートおわって、送っていったら、チュってキスしてバイバイしてくのは米国のお約束でしょ?
キスを待つ彼女をみてドキドキ。てなのはまさに青春の一コマですね。
キスうんぬんてのは歌詞に書かれてませんけど、きっとそういうシーンやと思うんやけど、違うんかな?


月曜日に彼女に会うてん
ドキってなったわ
彼女、ジルって名前やねんてーって言われてん

ドキってなってん
イエー、彼女、ジルっていうんだ、そうなんだー
で、彼女ん家に送っていってん

彼女の瞳をみたら何を考えてるのかわかったわ

彼女は静かにおとなしくしててん
でも、僕、僕…

彼女のこと、気になってしゃあないねん
彼女を家に送っていった時のことやねんけどなー

7時に迎えにいってん
彼女、めちゃキレイやったわ

いつかそのうち
彼女になってくれへんかなー

せやねん、彼女、めちゃ素敵やねん
彼女にしたくてたまんないよー


Shaun Cassidy “ Da Doo Ron Ron ” Youtubeはこちらへどうぞ。


Crystals “ Da Doo Ron Ron ” Youtubeはこちらへどうぞ。




プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR