FC2ブログ
つまんない映画の評論なんかで、
みるべきところはなかった。
観るに値するのは○○の演技くらいだ。
だがそれでも映画は救えなかった。
なんての、ありますよね?

音楽を映画に例えると。
曲は脚本で。
出演者は演奏者で。
歌手なりギタリストあたりが主演俳優で。
プロデューサーが監督って感じでしょうか。

映画で脚本がダメだとあかんみたいに曲がよくないとダメなようにも思えますが。
音楽では凄腕ミュージシャンがいれば駄作と呼べそうな曲でも救えることはあるんでしょうか?
凄腕のミュージシャンが揃えば平凡な曲だって素敵に思える演奏をしてみせるくらいのことはやってのけそう。
でもそういうのがひとりではダメかな?

すごい演奏だなー。て思うことはあっても、いい曲だなーとまでは思わないかも。

ギターの神様とかいう言葉で褒めたたえられる人がいるくらいですし。
卓越した演奏技術を持つミュージシャンって、そうでない人よりも表現したいことを表現できるから、同じ曲を同じアレンジで演奏しても違いが出そうですし。
演奏技術って重要ですよね。
メロディが浮かんで原形ができて。てとこまでは演奏技術は関係なさそうですけど。
演奏が上手で作曲もできて。てなのだったら完璧に思えたりします。

メロディとか歌声に魅せられることはありますが。
楽器をやってはる方なら、すごさがよくわかって垂涎の眼差しなんてことにもなるんでしょうけど、すごい演奏テクニックだw(゚o゚)wと驚かされる、てのは実のところ、あんまりありません。

歌てる人、演奏してる人、作曲した人。
どれが一番重要かなんて一概には言えないものでしょうけど。
曲がなければ歌えないし演奏できないんだから作曲って一番大切に思えます。

歌や演奏はカバー曲って形でもできるわけですし、これは誰の曲?てなったら作曲家の曲と言うてまいそう。
アレサ・フランクリン( Aretha Franklin )のように、誰の歌でも彼女が歌えば彼女の歌としか言いようがないくらい自分のものにしてしまう稀有な才能の持ち主ならば別でしょうけど、そうでないなら、希望としては誰かに作曲してもらうとかでなくて、曲は共作でもいいけど自作主義でいてほしいな。て思てまいます。

その方が自分の世界観を表現できるでしょ?

優れた演奏家で作曲能力も高い、てなのでも、偉大な作曲家兼演奏家ではなくてスーパーギタリストだとか演奏面での評価が優先されることが多いのは何故だか理解できませんf^_^;

と、あれこれ書いたけど。
結局のところ、ええやん。て思える音楽ならなんでもいいよねー。
楽しげならなお良し。




ブラーBlur )はとてつもなく演奏がすごいメンバー揃いってこともないんでしょうけど、ブリットアワードで功労賞を獲得。
90'sの代表格のひとつですけど、彼等が功労を讃えられるくらい時が流れたのかと驚いてしまいますね。


Blur " Parklife " Youtubeはこちらへどうぞ。


スポンサーサイト



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR