FC2ブログ
制作期間を好き放題にできるとすると、いくらでも時間をかけたくなるものなのでしょうか?

映画なんかだと、構想○年、制作期間○年とかいって、大プロジェクトなんです風にアピールすることがありますけど。

音楽制作って、長く時間をかけるとすると、どの程度時間かけてるんでしょうね?
厳選された演奏メンバーを集めて何度も演奏を繰り返して、満足いくとこまでアルバムをつくりこむ。
なんてことをすると完璧と思えるアルバムが出来上がりそう。

スティーリー・ダン( Steely Dan )やボストン( Boston )なんて、そういう完璧追求型なイメージですし、実際に素晴らしいアルバムを世に送り出してますね。

100点満点はコレ。てのがみえていて、それに向かって取り組むのみ。てなのだとそれでいいように思うのですが。

アレサ・フランクリンやレイ・チャールズのように、1発録りが基本。
音楽は生き物だし、失敗したからやり直すなんていうのがプロだと言えるの?な姿勢で臨むのもまた正解のように思えたり。

濃密な時の流れ、なんていう表現がありますが。
実際の時間が短くても充実した濃厚で濃密な集中した時間をとれたなら、傑作は誕生しそう。て思います。

演奏メンバーがどうこうではなくて。
今、形にしておかないと失われてしまうとばかりに怒涛の勢いで作曲して毎年のように傑作を世に送り出す。
そういうノリに乗ってる時期のミュージシャンにとっては次から次へと湧き出てくる創作意欲を処理する時間さえあればいい。てものじゃないのかな?

ビリー・ジョエル( Billy Joel )やスティーヴィー・ワンダー( Stevie Wonder )、エルトン・ジョン( Elton John )、フィル・コリンズ( Phil Collins )にプリンス( Prince )等々の全盛期と言われる時期の作品って創造的エネルギーに満ちていて、まさに素晴らしいとしか言いようがないです。

そういう雰囲気というか空気感ってのはつくりだそうとしてつくるというよりは、自然と生まれるものだと思うんです。
バンドだったら、このメンバーだからつくれた音。なんてのは、そういう空気感も含めてのものでしょう。
同じメンバーでも時間の経過すると当時と同じ気持ちで演奏なんて出来ないから、その時、そのメンバー限りの音。てものが光り輝くものになったりもするんでしょうね。

そういうのを求める時に、延々と時間をかけることで、せっかくの輝きが失われることだってありそう。

廃盤なんてこともあるけれど、まぁ、ずぅっと残るものだから、半端なものをつくれない、て思うものなんでしょうけれど。

その時、そのメンバーだからこそ生み出せるもの、て、瞬発的なものようにも思えますし、時間をかけて熟成させるようにつくりこむといいとも限らないんでしょうね。

芸術か商業作品かという間で揺れ動くことなんてなく、思うままにつくる。なんていうのも全くの無名でレコーディング契約もとれてない頃か、大物になってある程度自由がきくようになってからでないと出来ないことなんでしょうか?

よりいっそう売れるアルバムを求めるレコード会社や過大な期待をかけるファンからうけるプレッシャーと無縁のところで音楽をつくれる人なんて限られていそうですもんね。


それ以前から作詞・作曲・プロデュース・演奏・歌と全ての面でコントロールしていたとはいえ、作家性を尊重された上でつくれる自由を手にするのって大きいんでしょうね。


ジョージ・マイケル( George Michael )の『 Older 』は自分の音楽を100%自分でコントロールする権利を得てつくったアルバム。
まさに理想的なアルバムの1枚でしょうね。
創作活動もままならなかった時期を経ての作品だけに熟成された感のある落ち着いた雰囲気のものもあれば、感情高らかに歌い上げているものもあり。
バラエティに富んだ傑作です。



George Michael " Jesus To A Child "(1996) Youtubeはこちらへどうぞ。


George Michael " Fast Love "Youtubeはこちらへどうぞ。


スポンサーサイト



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR