FC2ブログ
真刈伸二さん作、赤名修さん画の漫画、勇午の【台湾編】1冊目がいつの間にか本屋さんに出てました。

脅迫、拷問といった妨害を正面突破し、依頼を遂行する交渉人、別府勇午

そんなタフガイ、漫画の中にしかいないよね、と思わせるほどの男前ぶりを毎回発揮する交渉人、別府勇午の活躍を描くこの漫画。
漫画だけど、読みごたえのあるストーリーときれいな絵で好きなんです。

イブニングで連載されてるけど、雑誌は読んでないから、いつ出るのかチェックしてないと、「あ、出てる。」ての、けっこう経ってから気付くことになったりしてしまいます。

アフタヌーンでの連載時から読んでるんですけど。
今回のはどことなく違和感が。

イブニングのコミックスになってからは、○○編は赤、○○編は緑、みたいな統一感ある仕様だったのが変わってる。

カバーの紙質もよくあるものとは違ってたのに、つるつるした紙質のカバーに変わってる。

やたらと太い帯がよくある帯のサイズになってる。

どういうこと?
何らかの新展開を形で表現?て思ってしまいました。
とはいえ、毎回新展開になるから○○編ってつけるんじゃないの?とも思いましたけどね(^^ゞ

漫画って、連載開始時と、連載してかなり経ってからではキャラクターの画の感じが変わったというか、こなれた?上手になった?てな変化があったりすること、ありますよね。

でも、そういうのって、読み返してみて気付くもので、順次読んでいってると、そないに気にならないことだったりします。

この台湾編の勇午、1コ前のフィリピンODA編の時の勇午と比べても何か変わってる。

髪型?髪の色?が違ってるから、何か別人っぽい。
スマートフォンとか出てきてるから、漫画の中の時間は現在とリンクして流れていってるっぽいから前の話(フィリピンODA編)より後の話だと思うんですが。

若い頃の勇午も描かれてるから、せっかくなので、と、若返らせてしまったの?て感じ。

だからといって、別にストーリーに影響はないんですけどね。

なんでしょ?これ。て思ってしまいます。

なんやかや言うても勇午は主人公。

その顔が変わった感じを受けるのはよろしくないのでは?

相変わらず面白いし、興味深いストーリーなんですけど。
なんだか、のめり込み度が下がってしまいます。

スポンサーサイト



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR