上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういや、「新クロサギ」の新しいの、出てるんだったっけ。てので、本屋さんに。


詐欺の手口っていろいろあるものなのね。
一気に大団円に向かってるのかと思いきや、まだまだ続くような感じもしたり。
もうしばらく楽しませてくれそう。

せっかく来たから、店内をウロウロ。

天体戦士サンレッド」の12巻がでているじゃないですか。
買っておきましょう。



巻末の著者後書きのところで、サンレッドの単行本が舞台になってる川崎市高津区の郷土資料となって収蔵された、とかヴァンプ将軍が高津区の「キラリたかつ大使」に任命された、とか書かれてました。

そんなに連載が長続きするとも思わなかった漫画なのに、すごいなぁ、と思ってしまいますね。

そんな漫画が郷土資料扱いされるのなら。
じゃりんこチエ」とか「ミナミの帝王」なんてのは大阪の郷土資料になってるのかな?と思ったり。

でも、チエちゃんならともかく、萬田さんじゃあイメージ悪いからそんなのには選ばれないかと思ったり。


高校生くらいの頃にはまって読んでいたH・P・ラヴクラフトの本。
知らないうちに新訳で出てるんですね。
「新訳 狂気の山脈」だって。
コミックシリーズも別にあって、「ダンウィッチの怪」がすでに4冊目とはw(゚o゚)w 気付かないうちにそんなものがそんなに?

これまでにも、興味持ちそうなのを見逃していってたのかも。と思うので、も少し本屋さんに足を運ぶようにしようかな。



海外作家の作品ってのを日本の読者が読む場合って、原書を読む人は別にして、翻訳って重要ですよね。

ひと昔前、超訳ってので人気があったシドニー・シェルダンの作品なんてのも、元々いいんでしょうけど、翻訳力も人気の源泉だったようなものでしょ?

新訳なんて気になりますね。

内容的にはすでに読んで知ってはいるけれど。
どう違うのか、読んでみたい気はします。

でも、まぁ、すぐ買わなくてもいいかな。
そのうち図書館で借りようかな。


で。
読書ってのでいうと気になることが。
速読法ってのがありますよね。

パラパラめくっていくだけで、スッと頭に内容が入ってくるように読めるの。ていうやつ。

便利な技術っぽいけれど。
読書好きな人って、速読で読んだりするのかな?

読んだってのにはかわりないんでしょうけど、もひとつ物足りない感とかはないのかな?と思ったりします。

パラパラってして、数分で読み終わり。てのだと余韻に浸るもなにも、ないでしょ?

どうなんでしょ?


スポンサーサイト

プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。