FC2ブログ
米国でラップ・ミュージックが普及しているのはわかりますが。
カントリー・ミュージックが根強い人気なのは、ちと不思議。

カントリーって一口にいっても、ロックと同様、幅広い。
西部劇なんかで使われたら似合うようなのから、ポップ・ミュージックに近い感じのものまで何でもこい、てくらいだから、受け入れられやすいのかも。

カントリーに限らず、それぞれのジャンルの音楽が停滞しないで進歩していってるってことなんでしょうね。


日本ではどうなんでしょう?
氷川きよしさんやジェロさんみたいな新しいスターがいる演歌はいいんでしょうけど、停滞気味で、演歌の大ブームが来るような気配はしませんね。

演歌の作詞・作曲の先生方が演歌ってこんなものなの。と頭をかたくしてるから?

ここはひとつ、やわらか頭で挑戦的なのを出して欲しいですね。

坂本冬美さんが細野晴臣さん、忌野清志郎さんととHISを結成したみたいに。



デュエットなんてのだとありきたりだから、5、6人でコーラスグループっぽく演歌を歌ってくれるとか、ラップの人をいれてみるとかしてみたら面白いのにね。

基本的に演歌の人達って歌が上手だから、何を歌わせても上手いはずですもんね。


J-POPなんて呼称が定着して以降、歌謡曲とかニュー・ミュージックって存在感が薄れてますけど、そんなスターっていうと?

今、昭和を感じさせる、それっぽいのって、クレイジー・ケン・バンドとか大西ユカリさんくらいしか思い浮かびません。

カバー曲ブームの続いてるうちに、そんな沈んだジャンルが復興してもいいのにね。

私が子供の頃はいろんな音楽が混然一体となってて活気あったし、そんな状況っていいものだったもんね。

かつてのスターにも頑張ってカンバックして欲しいなぁ。



H.I.S. " 日本の人 "Youtubeはこちらへどうぞ。

スポンサーサイト



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR