FC2ブログ
映画『 訴訟(CLASS ACTION)
この映画の公開していた頃って、けっこう法廷モノの映画が多くつくられてて、そういうのが好きでした。
メアリー・エリザベス・マストラントニオ(Mary Elizabeth Mastrantonio) のファンだったのと、この映画の「長年いがみ合ってきた父娘」という設定に興味津々だったのもあって、公開当時、映画館に観に行きました。


ジーン・ハックマン(Gene Hackman) 演じる人情派弁護士とメアリー・エリザベス・マストラントニオ演じる勝利至上主義弁護士の父娘が大企業の民事訴訟で争う。
カンのいい人はここまで聞いただけで、いがみ合う父娘が最後は仲直りするんでしょ?て考えると思います。

そういう意味ではドキドキハラハラ感の薄い映画とも言えるかもしれませんが、映画にハッピーエンドを期待する人は多いでしょうから、そのへんは問題なしでしょう。
観終わった時のほっこり感というか、心があったかくなる想いをする映画というのは、アクションやCGを売り物にしている映画が多くなるにつれて減っているように思うので、こういう映画で幸福感を味わうのはいいのかもしれません。

映画の最後でお互いを理解しあえた父娘が踊るシーンがあるのですが、私はここでホロリと涙してしまいました。
思わず感動の涙を私にさせた、そのシーンで流れる シンプリー・レッド(Simply Red) の「 二人の絆(if you don’t know me by now)」という曲がたまらなく好きです。

この映画のためにつくられたかのように思うほど絶妙なんですが、この曲は ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ(Harold Melvin & The Blue Notes) のカバー曲なんです。
「ごめんなさい。知りませんm(__)m」て人達でしたから、カバー曲と言われても、「だから何?」てなものなんですけど、シンプリー・レッドってカバー曲でのヒット曲が多いね。とは思いました。
この曲が無ければ、この映画の評価も違ったものになったでしょう。
「訴訟」を観るまでは、シンプリー・レッドというバンドのことは好きとも嫌いとも思わない、でも、存在は知っています。ていう程度のものだったんですが、一気に大ファンになりました。

で、この曲の入ったアルバムは?と捜すと『 ニュー・フレイム』でした。



GOTA さんが参加する前のアルバムですね。

この時点で私が知っているシンプリー・レッドの曲はMTVとかで観たことのある数曲だけでしたが、このアルバムを聴いていると、ちゃんと聴かずにいたことを悔やむほど、お好みの曲が並んでいました。

Simply Red " If You Don't Know Me By Now " Youtubeはこちらへどうぞ。

スポンサーサイト



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR