FC2ブログ
ビートルズ(THE BEATLES)

偉大なバンドだということは百も承知しています。

でも、最初に聴いた時はそれほど感慨深いものでもありませんでした。

よくある話でしょうが、はじめて聴いたのは、中学校で英語の授業の時に英語の先生が聴かせてくれた。というものなんです。

先生が好きだったのか、かけてくれたのは『 yesterday 』でした。
なので、私の中では【 THE BEATLES = yesterday 】になりました。

『yesterday』が名曲なのはわかるのですが、お子ちゃまが聴いて「あぁ、いい曲だな」と反応するかといわれると微妙な気がします。

私にとっては、「 ちょっと古めかしい外国の歌 」としか思えませんでした。

でも同級生の中には、この授業キッカケでTHE BEATLESファンになった子がいましたから、人それぞれなんでしょうけど。


私がちゃんとTHE BEATLESを聴くようになったのは大学に入ってからでした。

バイト先の先輩がバンドでベースをやってて、THE BEATLESファンの人だったんです。

なので、バイト先でかけるBGMがTHE BEATLESになることが多かったんです。

その先輩がよく言っていたのですが。

THE BEATLESには全てが入っているねん。
THE BEATLESを演奏できるようになったら、何でもひけるわ。



そんなこと言われても、私は楽器演奏なんてしませんし。
「ふぅ~ん。そんなもんなんですか。」

てなことしか思いませんでしたが、THE BEATLESの音楽に接する機会は増えたのは、この先輩のおかげ。


アビイ・ロード(Abbey Road)』と『 レット・イット・ビー(Let It Be)』は今でもよく聴くようになりました。



THE BEATLESといえば、いろんなアーティストにカバーされていますね。

そういうのを聴いていると、カッコイイな。と思ったりすることが多いんです。

そういうのを通してTHE BEATLESの楽曲の素晴らしさを実感しました。



THE BEATLESのカバー曲は無数にあるのでしょうけれど。

マーカス・ミラー(Marcus Miller)の『 テイルズ(TALES) 』に収録されている『 Come Together』は特にカッコイイ!

THE BEATLESによるオリジナルよりも好きです。





カバー・アルバムも無数にあるんでしょうが。
THE BEATLES作品のプロデューサーとして知られている、 ジョージ・マーティン(George Martin) が最後のアルバムとしてつくった『 イン・マイ・ライフ(In My Life) 』は存在自体が興味深いものでした。



参加アーティストの面々の顔ぶれの珍しさ。

ジェフ・ベック(Jeff Beck)、フィル・コリンズ(Phil Collins)、セリーヌ・ディオン(Celine Dion)といった人達が参加している。というのは普通で珍しくもありませんが。


ロビン・ウィリアムス(Robin Williams)、ゴールディ・ホーン(Goldie Hawn)、ジム・キャリー(Jim Carrey)、ショーン・コネリー(Sean Connery)といったハリウッドスターが参加するなんて珍しいとしか言えません。


THE BEATLESカバーは色んな魅力がありますね。





Marcus Miller " Come Together " ( Live Leverkusen 2007 )Youtubeはこちらへどうぞ。




スポンサーサイト



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR