上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長年続いてるもんが終わりを迎えるの、て、さみしい気もするんやけど
実際のとこ、最初から興味を抱いたまま最後まで、てのは、あんまりない気もするんよね
長いこと続いてると、つくってはる人の意欲やとかアイデアなんかが薄れてきたりもするやろし
みてる側かて、見始めた頃と環境が変わったりして、もうええわ、てなっていったりすること、ありますもんね

で、勇午、て漫画を私は読んでるのね
生まれたばっかの子供が成人式迎えてまうよな歳月が流れてもうたとは(゚o゚;;
て、びびってまうけど、これ、もう20年くらい続いてるんよね
でも、終わってまうねんて

前回の台湾編で、えらい絵の感じ、変わってもうたなぁ、てショック受けはしたけど
せやけど飽きへんのよ
ナンボでも続けてくれてもええのにな〜、て思うのに、finalなの
昔流行ったもんのその後、みたいなもん、書いてはるパターンもあるから、復活の芽がないわけでもないやろけど
終わらせたとこで、即、再開、てのはあらへんやろしねぇ、て思て、残念がってんの

て、いうても、コミック何冊か分にはなるんやろし、も、しばらく楽しませてくれそ
交渉人、勇午の最後の活躍の舞台はトルコらしい

らしい、てのは、まだ、ちぃとも目ぇ通してないから知らないの
発売日、まだやし

じゃあ、何か書くにしても読んでからでええやんか、てなもんやねんけど
なんやて?なんでやねん、てことがあったんよ

本を買うの、て、基本的にはAmazonでポチッとするの
立ち寄った本屋で買うこともあるけどね
せやけど、たまたま楽天のポイントが半端に残ってたので、これで買うときますか、て思たんよ

で、楽天ブックスで、勇午final、てみてみたら
koboの電子書籍版は予約受付中なのに
紙の本は、ご注文できない商品、てなってんの

楽天て、去年やったかくらいに、出版取次の大阪屋の筆頭株主に、とか、なりやって、出版物の取扱い、よくなってんのかと思てたけど

予約受け付けてへん本、あるんや?んなアホな、て、びびってもうたわ
人気爆発な漫画やあらへんと、そんなもんなんやろか?
発売日になってから注文するならしてくれや、てこと?

しゃあないやっちゃな〜
結局、Amazonでポチッとしとけ、てこと?て思てもうたわ



勇午の連載が始まった’94に、よく流れてたのがこの曲
FM802のヘビーローテーションでもあったのよね〜

MIYA&YAMI 神様の宝石でできた島 - YouTubeはこちら


スポンサーサイト
めちゃ油断してたわ。て思うことって、ありますよね。
そのうちそのうちぃ〜、て思てたら期日が迫ってた。なんてのは怠慢な面もあるからしかたないんですけど。
そのうち発売されるの、わかってたけど、チェックしないでいたら、「え? もう出てんの? うそ〜ん (゚o゚;;」てなってしまいました。



お気に入りで毎回買うてる赤名修さん画、真刈信二さん作、の漫画「勇午 台湾編」の4巻のことなんですけどね。
3巻の時は、首を長〜くして、まだかな?まだかな?て待ってたから、えらい待たされた感を感じたものなのに。
1年以上待たされた3巻とその次の4巻の間隔が3ヶ月やなんてねー。

もっと待たせんかい!て思てるわけやないから、ええといえば、ええんですけど。
気にしないでいたら、いつの間にか出てるなんてズルいよねー。

4巻で台湾編はおしまいだから、次はどこなんだろ?
連載スタートはいつになって、コミック化されるのはいつになるんやろ?て、また待つことになるんですよねー(^o^)
漫画を読む人って、雑誌を読む人、コミックを読む人、両方の人、それぞれいてるんでしょうけど。
雑誌は読まないけど、コミックで好きなものだけ読んでます、て人は少ないの?
漫画って、雑誌連載ってのは外せないの?
人気漫画家やら書き下ろしでコミック化、てのでいいように思えるのにね。
小説とかなら、書き下ろしなんて珍しくもなんともないのに漫画は無理なの?
それでもいいけど、雑誌でも儲けたい、てことなのかな?

2巻が出てからずいぶん待たされてた勇午 台湾編の3巻を読みました。
台湾編になってから、絵の感じが変わってもて、なんか嫌やわー、て思てましたけど、まだ違和感は拭いとれませんσ^_^;
表紙のイラストを見てたら、別の漫画やないやろか?て思てまうくらい違和感は増幅されてるよな気にさえなります。
台湾編が終わったら、修正かけて,元のイメージに戻して欲しいなー、て思てまいます。

めくるめくよな展開で国家レベルの大掛かりな計画に関与していく交渉人、勇午
台湾編の3巻も、ぐいぐい読ませるものでしたが、4巻に続くのね。次はどれくらい待つことになるんでしょうね?



台湾独立を望む者、香港から台湾乗っ取りを企む者、現体制保持を望む者、入り交じっての知的攻防戦。
よその国のことだからか、こんなんあってもおかしないわなーて思ていられるんですが。
知略に満ちた陰謀っていうのは日本だと私企業がやらかすようなもの止まりで国家的なのがあったとしても外国政府が仕掛けてるものはあっても日本政府だと、みみっちくて、こすいなぁ、てな犯罪くらいで、でっかいスケール感のあることではなさそうですよね、イメージ的には。
個人を社会的に抹殺しようとするようなのはあるかもしれませんけどねー。

台湾のこと、て、ほとんど知らないんです。
追い落とされた人たちが台湾に流れ込んできたんですよね?てなくらいなもの。
震災の時にどーんと義援金を送ってくれたりして、親日な感じもありながら、尖閣では領有権を主張してるんですよね。
なんだろな?と思てまうわけですが。
いろいろと複雑な国なんですね。

勇午 台湾編で台湾独立がテーマになっているので気になったんですけど。
もともと台湾に住んでいた人、大陸から移ってきた人、中国の人て3つの立場があるのよね。
1.帝国主義的に占領していって国土を拡げてた中国(中華人民共和国)としては、台湾もうちのもんやん。てなものでしょうし。
2.大陸を追われてきた人(中華民国)したら、台湾はうちのもの。中国大陸もうちのもんやったのに盗られてんねん。てなものでしょうから、独立ていうのは、かつての領土を諦める、てことでもあるんでしょうか?
歴史に弱いから、中国って、清のあとは中華人民共和国て思てたけど中華民国なのね。
中国全土から台湾とその周辺をちょびっとだけ、なんてのになってもて、現在に至るわけですが。
この現状でええわ。てことですもんね。
3.もとから台湾に住んでた人たちにしてみたら、中華人民共和国も中華民国もあとから来た奴らやん。俺らに返せや、てなもんでしょ?
そう単純化できるものでもないんでしょうけどねー。

単に台湾独立て聞いたら、2.のイメージなんですけど、中華人民共和国がダメダメて言うてるからあかんわけでしょうけど。
台湾独立といわず、中華人民共和国解体みたいなとこまで話をデカくしてもいいのにねぇ、て他人事だから好き勝手なこと思てまいます。
ウイグル自治区とかチベットとか。
何かと国内事情よくないですもんねぇ。


独立宣言するでぇー!
そんなんさせるなー!
独立宣言するっちゅーねん!
そんなんさせへんっちゅーねん!

独立宣言するでぇー!
そんなんさせるなー!
独立宣言するっちゅーねん!
そんなんさせへんっちゅーねん!

自前の通貨を発行するでぇー!
切手かて、つくっちゃうでぇー
自分らの言語を守らんかいやー

独立宣言するでぇ
そんなんさせるなー
独立宣言するっちゅーねん
そんなんさせへんっちゅーねん

自分らの国旗をつくるで!
国旗を掲げろー!

独立宣言するでぇー!
そんなんさせるなー!
独立宣言するっちゅーねん!
そんなんさせへんっちゅーねん!

ムカつくわー入植者たちって。
でかいツラしたって知らんがな
見ないようにしてるの見せたって
わからせたらなあかんわなー

独立宣言するでぇー!
そんなんさせるなー!
独立宣言するっちゅーねん!
そんなんさせへんっちゅーねん

国旗とトランペット持って一番高い山のてっぺんまで行くで!

国旗を掲げるんや!

独立宣言するでぇー!
そんなんさせるなー!
独立宣言するっちゅーねん!
そんなんさせへんっちゅーねん!
国旗を掲げるんや!


中国本土と仲良くしときたいわ、てな人たちもいるんでしょうし、台湾がどこまで独立について考えてるのか、なんて知りませんから。
ビョーク(Bjork)の「Declare Independence」みたいな歌が台湾に鳴り響く日がくるのかなんてわかりませんけど。
どうなんでしょうね?

国連に加盟してないけど、すでに国家と認定してる国もあるわけですし。
経済活動に支障もなさそうですし。
実のところ、曖昧なままでも不都合はないのかな?

Bjork “ Declare Independence ” Youtubeはこちらへどうぞ。




赤名修さん画、真刈信二さん作の漫画、勇午 台湾編の第3巻。
以前にもまだかな?まだかな?と待ちわびてます、てな記事を書いたんですけど、講談社のコミック紹介ページで、ようやく来月の22日に出ますよー、てのが発表されてるのを発見。
(講談社のコミック紹介ページはこちら)



表紙カバーイラストはまだ決まってないんですね。
小説なんかだと、連載を経て単行本に、といわずに、書き下ろしを単行本にするパターンもけっこう多いですよね。
漫画は、何故そういうの、しないんでしょうね?
固定ファンのいる人気作家なら、連載に縛られないで描いていけるのは〆切に融通利かせられてありがたいんじゃないのかな?と思たりするんですけどねー。
私は雑誌でなくてコミック本になってから読んでるから、どっちでもいいんですけどね。

3巻は秋に発売するよー、ってのをみてから、気にはなってたんですけど。
11月のうしろの方って、秋といえば秋なんだけど。
なんで、そんなに焦らすんやろ?
ほぼ冬ですやんかー。て思てまいました。

2巻が出てから1年以上とは。
いずれ出るものとはわかっていても、長かったなー。
アルバムなんかだったら、1年なんて短い周期に感じるとこなんですけどね。
小説なんかでも、1年くらいで続きがでたらいいくらいですよね。
軽めの内容のものだったり、多作な方なら、もっとハイペースで刊行してくんでしょうけど。
次々と続きを書いていける、てものとは限らないんですよね。


続くとは限らないといえば、ベスト盤にナンバリングを入れるのって、危険ですよねー。
○年〜○年、みたいな表記なら、すんなりいきそうだけど、vol.1とか書いてしまうとvol.2が出ないとさみしいことになるじゃないですか。

時代で区切ったベスト盤を何枚もリリースするためには長い期間活動して、その上ヒット曲も必要ですもんねぇー。
それにバラードベストとか、なんたらベストってのが出たりするんだから、いっぱいヒット曲がないとねー。
ベリンダ・カーライル(Belinda Carlisle)の場合、今のとこ、vol.1てのと、別パターンのベスト盤があるのよねー。
vol.2てのはどうなるかな?
出すにしても、新たに輝きを放つ、魅せてくれるような曲が必要よねー。

Belinda Carlisle “ I Get Weak ”(Good Heavens! Tour '88) Youtubeはこちらへどうぞ。




もうないか、と思っていたら、まだあった。
基本的には嬉しいことなんですけど。
あるはずなのに、なーい。てなると、どないやねん!て、ちとイライラ。

2012年春発売の予定だよー、ていうてたのに売り出されてないねー。て以前にぼやいた「モーニング食」の第2号のことなんですけどね。



コンビニに行った時に覚えていたら「イブニング」をパラパラっとして、「勇午 台湾編」の3巻の予告は載ってないかな?と探してみるんですけどね。
しばらく勇午をみかけなかったから、台湾編は終わってて、コミック本になるのを待つばかり。てな状況かと思っていたら長期休載だったようで、まだおわってませんでした。

秋には3巻リリース、ていうけど、3巻ではおわらないんだろーなー。と、ちとショック。
で、その再開していた台湾編の最初の題字のページに「モーニング食」発売中って書いてて、これまたショック。
モーニング食は、どうやら今月23日に発売されたらしい。
春発売予定が夏にズレこんだのね。
まだ、それほど日が経ってないどころか、書いているのはまさに23日発売当日。
なのに、第1号の時もそうだったけど、コンビニではみかけない。
駅売店もない。
近所の本屋にもない。
大きな本屋さんに行っても今ではあるかどうか、て感じがします。
なんてこったい。

第1号はB5サイズだったのが、第2号はB6サイズに変更って。
場所とらないように小さくしたから本屋さん置いてね。てなものなんでしょうか?
でも店頭でみかけません。

第1号の時には、
読むと食べたくなる! 垂涎必至の“国民的食マンガ誌”
なんてデカイこと言うてましたし、公式サイトではそのフレーズを引っ込めてませんけど。

国民的食マンガ誌というのは言いすぎですよね。
食マンガ誌ってのは言うていいでしょうけど、国民的というほど行き渡らない部数でしょ?
販売するのはいいけど、誰が買うてるっていうねん?てくらいに部数が少ないに違いない。

勇午 インド・カレー編」がコミックになるのはいつだろうね?て思うから読んでおきたい。て思うんですけど、こんな希少本のような雑誌ではねー。
第2号が出たから、第1号に載ってた漫画がいくつか公式サイトで読めるようになってるんですけど。
第3号リリース時に第2号の分を読めるようにしてくれてたら、それでいいかな、て気になってきました。
まだ買えてないですから。

こんな雑誌だして満足している出版社て何なん?信じられへんわ。

モーニング食の公式サイトはこちらへどうぞ。

うがー、うがーてので、頭の中はEMFの「Unbelievable」が鳴り響いてます。



まぁ、この曲は女の人にあれこれ質問攻めにあって、説明しても聞く耳もたないなんて、もうやってらんなーい。もう嫌ー。信じらんなーい。てな感じの歌ですから、ピタっとこの状況に合うてるわけではないですけどね。

て書いてからamazonをみてみると在庫ありになっていたので買ってみた。
コンビニで発売中って知ったのが23日。発売日のお昼くらいだったんですけど、その時にチェックしたら品切れ入荷未定状態だったのに。
雑誌で再入荷なんて、そうはなさそうだから、入荷処理が遅かっただけなのかな?
も1回チェックしとこ。て思わなかったら買えず仕舞だっただろうな、て思てしまいました。


EMF " Unbelievable " Youtubeはこちらへどうぞ。



届いたので書き足し。
第1号は「モーニング」の増刊って扱いだったのが、第2号は小さくなたのが影響したのか講談社MOOKってなってました。
雑誌でなくてムック本てこと?
で、第3号の予告はなし。
2号は予告していたから出さないわけにもいかなかったのよねー、てなったけど、もう出さないのかな?
勇午インド・カレー編の続きはどうなるんだろ?
既存のほかの雑誌で続きが掲載されるのかな?
雑誌掲載をすっ飛ばして続きは書き下ろしでコミック化。てのがいいな。て思ってしまいます。



プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。