上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書。
必要に迫られてしかたなく読む。てこともあるでしょうけど。
面白そう、と興味を惹かれて読む、というのが多いんでしょうね。
評判がよくて興味はあるけど、分厚いから読むのを躊躇する本、てのもありますね。
ちょっと読んでみたいなー、くらいだと分厚いってのはハードル高いですよね?

京極夏彦さんの本を読んでないのもそんな理由でした。
映像化されたものは観ましたけど、そないにグッとこなかったので、本とは別物とは思いつつも、手を伸ばすには至らない。そんなの読むなら、他になんぼでも読むべきものはあるわ。て読まずにきていたのですが。
どうにも読んでみたいと思う話を耳にしてしまいました。

長編4作目の『鉄鼠の檻』。
シリーズものですから、登場キャラの人間関係なんかをかっちり把握しとこ。て思たら1作目から読む方がいいんでしょうけど、独立したエピソードのようですから単独でも楽しめるんでしょう。



たまたま友人と話をしていて話題になったんですが。
この本がね、ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』を連想させるって言うんです。

薔薇の名前』は私の愛読書。
というか、そう呼べるようにすべく、何度も読み返してる本なのです。

それと同じような見立て殺人ありーの。
閉ざされた世界の中特有の人間関係ありーの。
宗教も絡んできぃーの。
和製薔薇の名前と呼んでもよさそうに思わせられる感じなのだとか。

作者の個性が強く出ているから、修道院がお寺に変わったとかキリスト教を禅に置き換えただけの真似っこ小説とはいえないにしても、デジャブを感じるくらいだとか。
とても興味惹かれます。

友人は京極夏彦作品を先に読んでて、ショーン・コネリー主演の映画「薔薇の名前」を観た時にそう感じた、というのですが。
インスパイアされました、てのでも、オマージュとして書いたんです、でも、どうでもいいんです。
読み比べしてみる価値ありですよね。

禅にも興味ありますし、楽しめそう。
この本、もう15年くらい前の本だから、その後書かれた本がどれほどあるかと思うと、これで京極ワールドにハマったら大変、て思てまいますけどね。

デビュー作から独特の文体と世界観を打ち出してベストセラー作家の仲間入りを果たしている人が世界のベストセラー小説に構想の源を求めるとも思わないんですけど、京極作品としての位置づけはどうなんでしょうね?
薔薇の名前を知らない人にとっては純然たる京極作品なんでしょうけど、京極テイストが過去3作と比べて違うようにも感じるのかな?てとこからチェックしていこか。て思たら、やはり1作目から読まなあかんかな?


音楽でも似てるよねー。いや、似てるというか、パクった?て感じのものがあったりしますけど。
そういうのでも強烈な個性で自分のものにしちゃってたりしたら、ソングライターとしてはどうなの?とは思うけどミュージシャンとしてはOKな気はします。

パフ・ダディ(Puff Daddy)の「I'll Be Missing You」はポリス(The Police)の「Every Breath You Take」をがっつりサンプリングした曲。
ここまでまるごと感あるサンプリングって、さすがにずるいんじゃないの?て思たけど。
亡くなったザ・ノトーリアスB.I.G.(The Notorious B.I.G.)に捧げた悲しみを歌ったものだけに、やめろよー、ずるいぞー。とはいいにくいあたりも、またずるいなーって思てました。

ほかの曲をがっつり取り込んで曲を仕上げてヒットさせつつ、元曲およびそのミュージシャンにも恩恵を与えた最高の成功例ってランD.M.C.(RUN-D.M.C.)の「Walk This Way」かな?
エアロスミス(Aerosmith)再浮上のきっかけにもなったし、ええことづくしですよね。



Puff Daddy/Faith Evans/112 " I'll Be Missing You " Youtubeはこちらへどうぞ。


The Police " Every Breath You Take " Youtubeはこちらへどうぞ。


RUN-DMC " Walk This Way " Youtubeはこちらへどうぞ。


Aerosmith " Walk This Way "(Live) Youtubeはこちらへどうぞ。




スポンサーサイト

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「CDは買う?レンタルする?」です最近はネット上で音楽を買えるので昔に比べたら、レンタルは減ってきたように思えますちなみに新村は「このアーティストだけは買う」って決めてる人のCDだけ必ず買います。シングルもアルバムも他のアーティストはほとんどレンタルが多いです�.. トラックバックテーマ 第1386回「CDは買う?レンタルする?」

学生の頃ならお金もそんなにないからお気に入りのだけCDを買って、あとは友人に借りて。
友人も持ってないけど聴いてみたいな。てのはレンタルして。てなものでした。
たいていの人はそんな感じではないの?て思うんですけどねー。

大人になって、ちょいと余裕が出てくると、当時レンタルで済ませてたようなのを買っていきつつ新譜もちょっと気になる気になるってくらいのものもCD買っちゃおうっかなー。てなりました。

リマスター盤とかデラックス盤とか、すでに持っていても購買意欲をそそられるものがあるから、どうしよう?と悩みます。

物欲魔人ですね。
レンタルなんて、ご無沙汰もいいとこ。

ネットでダウンロードして、なんてのは所有欲を満たせませんからそれでないと手に入りません。てなのでもなければ手を出しません。

音楽データをメモリーに入れて聴く、てのは気分的にはカセットテープからMDになって、今はコレ。てだけでレンタルのかわりにはなってもCDのかわりではないように思えるんです。

時代ってのについていけてません。
でも、ネットでCD購入なんかはしていますf^_^;

CDとダウンロードで、てのは、紙の本と電子書籍のどっちを選ぶ?てなのにも似てるんでしょうね。



紙の本と電子書籍の未来を語ったものはウンベルト・エーコのジャン=クロード・カリエールとの対談本がありますね。
欧州を代表するような知性の持ち主が本について語る、ってのはとても興味深いです。

本にはそういうのがありますけど、音楽ではCDとダウンロードの未来を語ったものってあるんでしょうか?
なさそうですね。
アナログv.s.デジタルってのでなくて、どちらもデジタルですもんねぇ。
パッケージ商品かデータだけでいいのか、てのでは、もひとつ話も盛り上がらないのかな?

ミュージシャンの対談ってのでも、作り方が大きく変わる、とかいうこともなさそうですし、そんなに影響はなさそうだから、何を話せと?てなるのかな?
レコードに思い入れがあります、てな人はいてもCDに思い入れたっぷり。なんて人はそうはいないでしょうしねー。

紙の本はなくならないと思うけど、CDの未来はどうなんだろ?と不安には思てまいます。
聴くことに関して言えば、ipodなんかで聴いてるのが大半でCDでは聴いてないなー。なんて人は多そうですもんね。
CDなくてもいいや。て流れになりかねないけど、残るんだろな、とは思ってます。

CDは残るでしょうけど、CDの中のデータの保存性には不安ありあり。何十年て程度のものなんでしょ?
CDの寿命がささやかれてから、保存性の高いものが登場してきてはいますけど、ずいぶん前に買うたものはそのうち劣化して聴けなくなる日がやってきそうなもの。

ビートルズ(The Beatles)とかのアルバムはいつでも入手可能なんでしょうけど、そうでないものも多いですし。
リマスターとかして再リリースなんてのもうれしいけど、欠番をなくしてほしいなー。と切に願います。

ささいなことに悩まされたり振り回されたりはしたくないなー。



Incognito " Don't You Worry 'bout A Thing " Youtubeはこちらへどうぞ。



大晦日は1年の最後の日だからなー。てのに比べると、30日って特に何もないのね。

子供の頃は親戚一同集まって臼と杵で餅搗きの日。てなことがありましたけど、こんなのはただのおうちルールですからね。

そんなのも家庭用餅搗き機で餅搗き、てのを経て、今では買うてきたらええやん。てなとこに落ち着いてしまいましたけどね。

昔はお正月準備ってあれこれしてたっぽいけど。
今はお店も普段と変わらず開いてたりしますし。
大掃除とかはせなあかんって思いますけど、年末だからしないといけないことって減ってますよね。

TVの特番みたいなのを観ないでいたら、お正月感を感じないまま生活できるんじゃないの?て思えたりもします。

そういうのも味気ないから年末らしく、1年を振り返ってみたりする一日にするべきなのかな?
ちょっとは本を読む1年にしようと思ってたんですけど、たいして読めなかったです。



本屋さんに行けば興味を持つ本を手にとるんですけど。
大作を手にとってしまうとなかなか先に進めません。
ウンベルト・エーコの本って難しいですよね。

以前に愛読書って呼べるものが欲しいなー。
何か話の中で、本からの引用みたいなのをポッと言えたらええなー。て思って。
そういうのでよく登場するシェイクスピアってのはありきたりだしなー。て思って選んだのがエーコの『薔薇の名前』でした。
教訓っぽいフレーズもちらほらあって、何かの時に言うたろ。て思うけど、そういう機会にはまだ恵まれません。

娯楽作品として読んでおしまいにするには惜しいというかもったいない本なんですよね。
何度も読んでますけど、何度読んでも面白い。
でも、まだ何かあるやろ?何か隠されてるんやろ?て思うから、読むのはおしまい。てなりません。
わからないなりにも読んでいたら、ちっとはわかるようになるんでしょ。

そうはいっても、何年も同じのを繰り返し読むのもなー。てので、合間合間に軽めの本も読んでるんですけど、またエーコの「バウドリーノ」を買って読みはじめていたんです。
読んでみても、はたしてどのくらい理解したといえるんだろ?てなる本って、なかなか読み進まないものですけど、ぐいぐい読ませてくれる本なのに、うーん。てなるんだから不思議。

中世を舞台にした、史実・伝説・ファンタジーが絶妙に織り交ぜられた冒険ロマン。
その世界観に引き込まれない人なんているんだろうか?て思えるくらいに魅力的。
この本も何年くらい付き合うことになるんだろ?て感じです。


で、まぁ、そんなのは置いといて。
今年を振り返ると、世界的には天災の多かった一年、て言えますね。

そういう共感を必要とする時には心に届く音楽を。
ティアーズ・フォー・フィアーズ( Tears For Fears )の「 Memories Fade 」なんてどうでしょう?




傷ついた心に染みますね。
この曲を聴くと感傷的な気分にさせられます。
それでもつらい記憶とさよならして、前向きにやっていかないとなー。て気になるので、落ち込んだ時にはいいのかな。

そもそも傷ついたりはしてませんけどf^_^;



Tears For Fears " Memories Fade "Youtubeはこちらへどうぞ。


五月六日。
29日は肉の日、みたいな○○の日、てのが今日にもあるとしたら、ゴとロクだから語録の日?
そんなのないかな。

でも、ニーチェなんかが啓蒙本みたいな扱いで流行ってますし。
海外ドラマの『クリミナル・マインド』で冒頭にいろんな人が遺した言葉が使われたりしてますし、そんな日があってもいいよね。

語録っていうのとは違うんでしょうけど、著書からの引用って、世界的ベストセラー&ロングセラー作品といっていい作品から、てことが多いですね。

聖書だったり、シェイクスピアだったり。
ぽつりと引用した台詞を言ってみても、相手が知らないと残念、てことになるから、会話での引用は、よく知られた作品からであるべきなんでしょうね。

同様の理由で、映画『ゴッドファーザー』からの台詞、なんてのも多そう。

日本だったら、そういうのでなくて、論語から引用なんてのが多いのかも。
いずれにしても、ちょいとした知性と教養の見せびらかし、て感じがしますけど、知ってて損をするわけではないですよね。

で。
ひと昔前、そういうのに憧れて、本をよく読んでいたんですけど、そうそう使う機会ってないんですよね。

で、使えそう、というか言ってもいいんじゃない?てなタイミングになったら、きっちり覚えてないから「○○○○、てな感じ。知らんけど。」とグダグダだったり。

何にしても、その頃、そういうフレーズがつい口から出るとしたら、それは愛読書からに違いない。ていう思いと、愛読書っていう言葉の響きが気に入っていました。

愛読書っていうくらいだから、何度も繰り返して読むような本であるべきですよね。

一度読んで。
忘れた頃に読み返して。
くらいはあっても、ちょっとそれくらいでは足りてない感じがして、何か、何度も読み返したくなるような本ってないのかな?て思ってた時に読んだのがウンベルト・エーコの『薔薇の名前』。

これはショーン・コネリー主演で映画にもなってます。
クリスチャン・スレーターも出演しています。
えらい若いの。この頃のクリスチャン・スレーターって。

とある中世の僧院で発生した殺人事件の物語であり。
その解決に臨む老修道士とその弟子の修道士見習いの7日間の物語でもあり。
異端審問の絡む宗教問題の物語でもあり。

てなものなんですけど、言葉の端々にいろんな要素が詰め込まれていて、通り一遍な読み方では読み解けない難解さがあって、何度も読まないといけないというか、読むべき本。

ちょっとしたキーワードとかは、エーコの他の作品に登場したりして、こんなところに繋がるの?どこまで計算されてるんだろ?と気になる発見がポロポロとあったりするので、これはこういうことなのか、と深読みしてしまう、知るほどに楽しめる本になっていて、とても珍しい本、というか作家のように思います。

それもそのはず。
エーコって、欧州を代表するような知性の持ち主にして、記号論学者です。 なんでもかんでも記号化して、本の中に埋め込んでいってるんじゃないの?て思えるところがあるから。

そういうのもありますけど、普通に読んでいても、先が気になって、読み急ぎたくなってしまう面白さがあって、これこそ愛読書にするのにふさわしい本だ!て思ったりしました。

知的好奇心を満たすのに十分すぎる一冊です。

エーコの他の本は文庫本になってたりするんですけど、『薔薇の名前』はハードカバーしかないの。
しかも上下巻。
持ち歩くには重たいんで持ち歩きはしませんけど、今でも折にふれて読んでいます。

この本、読みこなすためのお役立ち本があるんです。
そんな本なんて、そんなにはないですよね。


トム・ハンクス主演で映画にもなった、ダン・ブラウンの『ダヴィンチ・コード』が流行った頃、『薔薇の名前』が好きなら、これも楽しめるはず。みたいな書評をみた覚えがありますけど、実際に読んでみると、『ダヴィンチ・コード』はあっさりしすぎてて、読み心地が滑らかすぎる、と感じました。

とはいえ、ダン・ブラウンの著作のファンは『薔薇の名前』に手を伸ばしたら、夢中になれそう。

たかが本、なんですけど、これは一生モノですよ(^o^)

ショーン・コネリー主演の映画です。
私がはじめて観たのはTVで、だったんです。

当時の私の認識では、

ショーン・コネリー007ジェームズ・ボンドを演じていた俳優。
でも、とりたててファンというわけでもなかったんです。

007のショーン・コネリーのことをカッコイイとは思えなかったからなんです。


でも、この映画でのショーン・コネリーは、頭もすっかりツルツルになって、年齢を感じさせるようになっていました。

でも007の頃よりも、カッコイイと思えるようになりました。


この映画に興味を持ったのは、ショーン・コネリーがでているからではありませんでした。

これを観るまでは、ファンではなかったんですから当然です。


中世のヨーロッパを舞台に、シャーロック・ホームズのような修道士がワトソンのような見習いをつれて修道院で起こる奇妙な事件を解決するお話。

という内容の映画だというので、興味を持ったんです。


シャーロック・ホームズのような修道士(バスカヴィルのウィリアム)がショーン・コネリー
ワトソンのような見習い(アドソ)が若き日のクリスチャン・スレーター


これ、はじめて観た時にはクリスチャン・スレーターのことは、ちっとも気付きませんでした。
あのスターにも、こんな時期があったんだぁ。と今では思いますけどね。

バスカヴィルのウィリアムですよ!
登場人物名もシャーロック・ホームズを連想させるのに十分。


シャーロック・ホームズ好きだったので、ニヤニヤしながら観て楽しめました。


その後、ウンベルト・エーコさんの書いた原作本があるのを知って、読もうかな、て思ったんですけど、文庫本になってないんです。

だから、ちとお高いな。文庫本になったら買おうかな。

て、思って、ずぅ~っと待ってたんですけど、今でも文庫本にはなってないですよね。

何年か前に諦めてハードカバーの上下巻を買って読んだんです。
ぐいぐい引き込まれるように読んでいける予定だったんですけど、けっこう難しくて。

何度もページを戻りながら読み進めることになりました。

読み終わった後の満腹感は十二分にありますね。

宗教的な部分、推理ものとしての部分、師匠と弟子の間の訓話的な部分。

一度読んだだけでは完璧に堪能できたとは言えない奥深さがありますね。


単なる推理ものではないですね。















プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。