上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベストを尽くしたんやけどなぁ
それでも足らんかってんなぁ
また同じことになってもうたもんなぁ
なぁ〜んも変わらんかったみたいやん
僕ら、お互いのこと、よぅわからんいうとこに逆戻りやな
関係続けるか、出てってまうか、どうしたもんやろなぁ

も1回だけ、考えてみぃひん?
何を間違えてもうてんねやろねぇ
なぁ〜んで、ええ時が長続きできへんねやろ?
何があかんかったんやろなぁ〜

も1回だけ、うまいこといく方法,見つけられへんかなぁ
ひと晩だけなんて言わんで、もっと長いこと魔法にかかったみたいに出来へんもんなんかなぁ
そんなん見つけられたら、僕ら、切り抜けていけんのになー

僕、みぃ〜んな捧げたんやで
せやけど、それって、ちょい気持ち重た過ぎたんかなぁ
それやと、どうにもならへんで、て神さんはわかっとったんやろなぁ
時々はうまいこといっても、結局は、うまいこといかへんみたいやもんなぁ

も1回だけ、考えてみぃひん?
何を間違えてもうてんねやろねぇ
なぁ〜んで、ええ時が長続きできへんねやろ?
何があかんかったんやろなぁ〜

も1回だけ、うまいこといく方法,見つけられへんかなぁ
ひと晩だけなんて言わんで、もっと長いこと魔法にかかったみたいに出来へんもんなんかなぁ
そんなん見つけられたら、僕ら、切り抜けていける思うねん、な、も1回だけ

ちゃんと知りたい思うんよ
なぁ〜んでいっつも別れたる〜、いうことになってまうんやろ?てのをね
なんで、ちゃんと出来へんねやろ?
なんで、お互いを認めあわれへんねやろなぁ?
僕ら、お互いがおらんかったらダメダメやんかー
ええとこ持ち寄って、ええとこ伸ばしてな
どないしたらふたりでいられるか考えよーや



クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)に起用されたジェイムス・イングラム(James Ingram)の「Just Once」です。
大好きやねん
でも、キミは不満なとこ、あるってか
で、時々ケンカになって、出てく〜、みたいな騒ぎになったりもするんだけど
だからと言うて、ホンマに別れたいわけやないやんねぇ
ふたり一緒やないと、て思てくれてるよね、ホンマのとこはね
僕はキミと、ずっと一緒にいたい思てんのよ
せから、どないしたらええか考えてみてくれへんかなー
てな感じなんやろねぇ

そんなつもりはなかってんけど、それが気にいらんかったん?
直すわ、直す、って。
気ぃつけます
てな感じになりそな気もするなぁ
うまいこといってへんけど、キミが僕の運命の人なんやもん、てな感じなんやろか?

おおごとになるかどうかは別にしても、常時100点満点な関係やなかったら何かしら不満のタネが生まれたりすることになりますし
え?そんなことで揉めるん?てな程度の、しょうもないことで揉めたりすることはあってもおかしないもんですよね


James Ingram “ Just Once ” (Motown Live) Youtubeはこちら




スポンサーサイト
イライラしてる人に囲まれてると、気分悪くなって。
何かわかんないけど、幸せそうにしてる人に囲まれてると、いい気分になる。

まわりにいるのが、職場とか、おうちとか、見知った間柄の人でなくて、自分には関係ない人だったとしても、少なからず影響されたりしますよね
あー、イライラしとるなー、イライラしたかて何も好転せぇへんのになー、なんて余裕ありありな見方が出来たり、何、幸せ感だしまくってんのん?ムカムカするわ〜、と逆の影響がでたりすることもありますけどねf^_^;

なんかええ感じやな〜、て様子をみていると、穏やかな心持ちになったりしますよね。
クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)の「I’ll be good to you」のPVなんてのは
優しいするわ、ええようにしたげるやんかー、て歌てます。
ちょいエッチなこと歌てるよーな気もするんですけど、映像からは、そういうのよりはさわやかな感じでやさしい気持ちになれますね。
子供なんかも登場させてるのも、そういう効果を狙ってのものなのかな?

好きな人のこと、大切に思て、大事に扱う、てのは年齢関係なさそーなもんですしね(o^^o)



Quincy Jones, Chaka Khan, Ray Charles “ I’ll be good to you ”(1989) Youtubeはこちら
Quincy Jones “ I’ll be good to you ” (Remix) (1991) Youtubeはこちら




カップ麺。
普段は食べるとしても、どん兵衛とかカップヌードルくらいですけど、たまには違うものも食べることはあります。

「一平ちゃん 冬季限定 濃い味!チーズみそとんこつ」
期間限定なら、今食べないと食べれないのねー。て思って買って食べてみたんです。

でも、よく考えたら。
チーズ、みそ、とんこつ
これって冬っぽいの?
そもそも季節限定にする意味あるの?

美味しい・美味しくない、てのは個人差があるので置いといて。
よくよくパッケージをみると、「いっぺん食べたら、やめられない。」なんてことが書かれてます。

一平ちゃんの他の味のものにも書いてあるのかどうかは確認しなかったからわかんないですけど、きっと全部に書いてるんでしょうね。

美味しさに自信あります。てな意味合いで書いてるんでしょうけど。
やめられない。てなる商品なのに冬季限定って。
おかしいやん。
なんでやねん。てツッコミはなかったんでしょうか?
やめられなーい。て思ってても冬が終わると供給とめるんでしょ?




そういうツッコミ待ちみたいなものって、他にもありますよね。
CDの日本盤にはボーナス・トラックが収録されることって、よくありますけど。
クインシー・ジョーンズ( Quincy Jones )の『 Q's Jook Joint 』もそうでした。

で、帯のところに、

コレは外せない!
日本盤のみボーナス・トラック追加収録

てなことが書かれてるんです。
おまけしといたよー。てなものじゃないですか、ボーナス・トラックって。

アルバムに絶対必要という位置付けではなかった、てことでしょ?
ボーナス・トラックがあるなら日本盤にしよ。て思ったりもするんですけど。
日本盤には入ってるけど、輸入盤には入ってないという時点で外れてますやん。

それなのに「コレは外せない!」ていうのはどうなの?て思ってしまいます。



Brandy, Quincy Jones, Heavy D & The Boyz " Rock With You " (Michael Jackson Cover) Youtubeはこちらへどうぞ。


すでに外は寒いなー、とは思ってますけど、ガタガタブルブル。てことはないです。

暑い寒いでいえば、むしろ電車の中が暑いなー。て感じてイヤイヤです。
ハイテク大国なんだから、電車の車内温度を快適な温度に保つくらいのこと、してくれたらいいのに。て思てまいます。

寒くて冬を感じるよりも、暖房効かせすぎで冬を感じることの方が多いかも。
エアコン。
夏の涼しい風はいいけれど。
冬のあったかいというか暑い風は嫌。
そういう人は多いのではないでしょうか?

それでも12月になると寒いのも当然、て気にはなるんですけど寒さより空気の乾燥の方が気になってしまいます。

寒いシーズンって、あったかさを感じさせるバラードなんかが似合いそうなものですけど、躍動感あふれる曲っていうのこそ、いいのではないでしょうか。
寒さなんて吹き飛ばせ!て感じで。

でも、この時期になるとそういう曲が増えることはないですね。
何故なんでしょうね?

しっとりと歌う、なんてのより熱唱するような熱を感じさせるようなのはウケないんでしょうか?
それとも季節関係なく、熱唱型が少なくなってる?
そういうのでなくても、最近のコーラスグループなんてのは整然とした感じで、わいわいがやがや感ってのをあまり感じさせないのが多いですし。

何なんでしょうね?




クインシー・ジョーンズ( Quincy Jones )の「 Stuff Like That 」。
こういうの、かっこいいですよね。

ニコラス・アシュフォード( Nicholas Ashford )とヴァレリー・シンプソン(Valerie Simpson )にチャカ・カーン( Chaka Khan )をヴォーカルに起用してます。
個人的にはチャカ・カーンが入ってる時点でオーケーっていってしまいそうなものです。

この曲は『 Q's Jook Joint 』で多数の歌手を起用してリメイクもされてますね。

より取り見取りでしょうに、新たな良質の曲に取り組むより、かつて取り組んだ曲を時代にあわせてアップデートさせるなんてなー。なんて思いました。

クインシーは最高の曲を選んで、そこから、最適な人選をして組み上げていくという感じのプロデューサーですけど。
目利きが鈍ってきてるのかな?なんていう思いが頭をかすめてしまいます。

だけど、大衆性と芸術性のバランスの良さはどこまでもいいですね。
でも、今、どっちをよく聴いているかといえば、元の方。
曲、演奏、歌、どれをとってもいいですよね。



Quincy Jones " Stuff Like That "( Quincy Jones, Ashford And Simpson And Chaka Khan!!!!! Motown Classics!!!) Youtubeはこちらへどうぞ。


愛のコリーダ」から8年振りのアルバムというものなのですが、私はこのアルバム以前にクインシー・ジョーンズのアルバムを聴いたことがなかったので、そんなお久しぶりという感じの表現には何の感想もありませんでした。



このアルバムがリリースされた当時、私はクインシー・ジョーンズに関しては、マイケル・ジャクソンの"OFF THE WALL"や"THRILLER"、"BAD"のプロデューサーということくらいしか知りませんでした。
バカ売れしたアルバムのプロデューサーといっても、マイケルだから売れたんでしょ。て思いがどこかにあって、そんなにスゴイ人とは思ってなかったんです。
でも、よくよく知れば、めちゃスゴイ人なんですね。 JAZZの人てとこからTVドラマの音楽をやって、いろんなアーティストのプロデュースもやって。
今や米音楽界の重鎮て感じ。
この「バック・オン・ザ・ブロック」も、目一杯アーティストを参加させているし。

なかでもマイルス・デイビス(MILES DAVIS)が参加しているのにビックリしました。
基本的に他のアーティストのアルバムに参加なんてしない御方なのですから。
とはいえ、このアルバムの中では、V.I.P.なアーティスト満載な中、あのプリンス(PRINCE)も目をかけた新人テヴィン・キャンベル(TEVIN CAMPBELL)の歌う"TOMORROW"が素晴らしい。
彼の1stアルバムのプロデュースもクインシー・ジョーンズがしていますが、彼の声変わりを待って製作されたということもあり、テウ゛ィンの声変わり前の歌声を聴ける数少ない音源という点でも貴重なアルバムです。

後に知ることになりましたが、クインシーは人材発掘の面でも優れているということなのでしょう。 テウ゛ィンなんかも当時は天才扱いされてましたもんね。
このアルバムがリリースされたばかりの頃は有名どころが歌っている曲の方が好きだったんですが、年齢を重ねてくると、テウ゛ィンのみずみずしさ、透明感ある歌い方に改めて魅了されます。
価値評価基準が変わってきたのかもしれません。
アルバム全体を聴きかえしてみても、古臭さを感じることなんてなく、落ち着いた雰囲気を楽しめます。
未聴の方も、一度聴いてみれば、簡単に過去の遺物になるようなつくりではない本物の力を感じるでしょう。

Big Daddy Kane
Ice-T
Kool Moe Dee
Melle Mel
Ian Prince
Siedah Garrett
Ray Charles
Chaka Khan
George Johnson
Sarah Vaughan
Mervyn Warren
Al Jarreau
Ella Fitzgerald
Bobby McFerrin
Andrae Crouch
Caiphus Semenya
Paulinho Da Costa
Clif Magnass
Glen Ballard
Howard Hewitt
Peggi Blu
Luther Vandross
Edie Lehman
Dionne Warwick
Jennifer Holliday
James Ingram
George Benson
Nathan East
James Moody
Dizzy Gillespie
Bill Summers
Miles Davis
Tevin Campbell
Take6
George Duke
Herbie Hancock
Sheila E.
Bernie Kirsh
Jerry Hey
Gerald Albright
Randy Kerber
Jorge Callandrelli
Larry Williams

写真付きで紹介されている参加ミュージシャンの顔ぶれだけみても、スゴイな、て思ってしまいました。
Tevin Campbell & Quincy Jones " Tomorrow " (Official Music Video)Youtubeはこちらへどうぞ。

プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。