上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和の日 = 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日、てもんらしいけど
戦後の日本ていうたら、高度成長
バブルが弾ける前までやから、景気のいい日本、てイメージでええんよねぇ?
昭和の日、て、黄金週間の最初の日、くらいな位置づけやから、今年は暦の都合で連休から離れてるわ、残念やわ、て言われたりするくらいやないの?

戦後からこっちの日本、て言うてみても、リアルタイムで生きてはいるとはいえ、生前のことも入るからピンとこないわ
別に新聞の一面がそんなニュースになるわけでもないから、そんな思いを抱くこともないもんねぇ
て思いつつも、せっかくやから国の将来に思いをいたしてみましたよ

私が子供の頃、日本の人口て、ざっくり1億2000万人くらい、て習ててん。
ずーっと日本の人口はそれくらい、て思てたの
今は1億3000万人くらい、て言うてるよーな気がするから、高齢化もあって、多少は人口増えてんねやろねぇ、くらいに思ててん
ところが戦後の日本人口が7000万人くらいやったんやてねぇ
知らんかったわσ(^_^;)

私のじいさん、ばあさんが子育てしてた頃から、私らの世代の間で、人口が2倍弱、て、めちゃ増えてますやん
団塊の世代やとか団塊ジュニアやとかで跳ね上がったんかなぁ?
団塊の世代てのは兄弟が5人6人なんて珍しくないよなもんやったんやろし、団塊ジュニアかて、兄弟姉妹がいてるの、当たり前で、一人っ子の方が少なそうやもんねぇ

同じよーなペースで日本人口増え続けてたら、簡単に5000万人くらい増えてたとことこやったんちゃうん?て思てもうたわ
団塊ジュニアのとこから、出生率は下がってるんよねぇ?

増えたらええ、てもんでもないんやろけど
ひと世代ふた世代先の日本て、どないなってるんやろね?
移民増えて問題になってる国も多いけど
そんなんも含めて、移民でやってきた外国人比率の高い国になって、国際的になったわ、なんてアホなこと、言うてたりせぇへんよね?
て心配になったわσ(^_^;)

他にもエネルギー問題やとか領土問題、拉致被害者問題とか年金問題等々、言うまでもないけど震災復興とか、すぐには無理やろ、てな問題がいっぱいあるけど
そのうち何個かは解決してるんやろか?
いけてるやろ、大丈夫や、て気にはなられへん、てのが問題なんやろねぇ〜



昭和の歌、ていうたら演歌とか歌謡曲なんやろけど
個人的にはコレやわ(o^^o)



ランナウェイ・街角トワイライト ラッツ&スター - Youtubeはこちら



スポンサーサイト
8月7日。立秋。
ということは、こっから先の暑いのは残暑なの。
処暑あたりまでの我慢だね。
毎年思うけど、そりゃないよねー。

残暑って、字だけみてたら暑さの素を使うだけ使て、あと、ちょっぴり残っちゃってる分だけだから。てな感じなのに
実際のとこ、暑さの折り返し地点過ぎましたよ、てなイメージでしょ?
たんまり暑いの残り過ぎやわ。
残りもんの暑さで夏本番な雰囲気だせるんだからひどいもんよねー。
甲子園での高校野球もこっからなのにねぇ。

立秋やなくて、中夏とか、もうちょっと夏寄りの名称なら、うんうん、せやなー。まだまだ暑いわなー、と言うたりしやすいのにねぇ、て思てまいました。
そんなんなくても暑い暑い言いますけどね(;^_^A

夏の歌といえば暑いけど元気だしてくよ、てな感じのも多いけど、夏が終わっちゃったさみしさみたいなのを歌うものもありますね。
鈴木雅之さんが「ガラス越しに消えた夏」を歌たのは、もう四半世紀以上前なのよねー。
うわぁ〜、おっとなやわ〜、て思て聴いてましたけど。
今聴いたら、ちょっと若い感じがしますね。
若い言うても当時で鈴木さん、アラサーやけどね(^^)

長いこと歌手生活してるんやなぁ、て思てまいます。
歌手やバンドって、いつの間にか解散してたり俳優さんとかタレントさんみたいになってもて、歌やめちゃったの?な感じになっちゃう人、多いような印象が子供の頃にはあったんだけど。
サザンオールスターズみたいに音楽で頑張ってます。な人たち、多くなった感じがします。
芸能生活○周年、みたいな言い方やなくて、音楽生活10周年、20周年なんての、ゴロゴロしてますもんねぇ。
Mr.ChildrenとかB’z、スピッツやドリカムなんても20年越えてるでしょ?

私はミュージシャン。てのなら、ずっと活動するのは自然なことのようにも思うんですけど何か変わったんでしょうか?




鈴木雅之 「ガラス越しに消えた夏」 Youtubeはこちら


大沢誉志幸 「ガラス越しに消えた夏」Youtubeはこちら




髪ものびてきてたので、床屋さんに行きました。
ここ数日はそうでもないけど、暑いし短めで〜、て言うてみました。
多少短くしたところで誤差の範囲内な気もするし、そないに涼しなったわ。てもんでもないけど、とりあえず少しはマシになった気になるから不思議なもんですね。

チョキチョキされて、ヒゲあててもろて、ジャカジャカ頭洗てもろて。
てなとこで、頭が冷んやり。
ちらっと、床屋の親父さんをみると、ふふふ〜ん、ええでしょ、コレ。てな感じでニッコリしはるの。
おー。夏並みに暑いから、冷んやりシャンプーっスか(^^)って喜んだんですけど。
洗たら乾かすのよね。
ブフォ〜っとドライヤーからはあったかい風が。
そりゃあ、まぁ、そうなんやろけどね。
うお〜っ、せっかく冷え冷え〜(o^^o)。シャキーンってな感じになってたのに、ポカポカ。あったか〜い。てしちゃうの?

おっ、おっちゃん、ええ感じやで。やるなー。て思てたのに、こんなんあんまりやわ〜。て思てまいました。
まぁ、普通のことなんでしょうけど、なんか残念な感じやわ〜(>_<)

期待もしてないことしてもろて、ラッキー(o^^o)て思といたらええんやろうけど、そうならないのは厚かましいわ〜、てもんなんでしょうね。
でも。
違う違う、そうじゃ、そうじゃなぁいぃ〜♪
て思てまうのよねf^_^;




鈴木雅之 違う、そうじゃない Youtubeはこちら




世の中の音楽がすべてオリジナルというわけでもなくてカバー曲なんてのもありますから同じタイトルでヒットしてる曲なんてのもあるわけですが。
関係ない曲だけどタイトルは同じ。なんてのもありますね。
タイトルにしてもいいかなー、て思うような言葉なんてのも無限にあるといえばあるんでしょうけど、他と重なったら具合悪いよねー。てので、他の人の曲名をチェックしていくなんてアホらしくてやってもいられないでしょうから、重なる時は重なってしまうんでしょう。

日本語だったら漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字なんてのもありますから、一緒やないって。て言い張ることもできそうですけど、英語だったらそうもいかないんでしょうね。
単語1つだけの曲名なんてのは重なる率は高そうですね。

で。
RUNAWAY






これ聞いたら、私なら最初に思いつくのはシャネルズの「ランナウェイ」。
でも他にも有力なのがポロポロとありますね。
ニューヨリカン・ソウル( Nuyorican Soul )の「Runaway」も印象的ですね。
これを持ち出したらサルソウル・オーケストラ(The Salsoul Orchestra )も言わないといけない。
ニューヨリカン・ソウルは彼らのリメイクですもんね。

それぞれの代表曲といってもいい曲ですね。

さらに言うとジャミロクワイ( Jamiroquai )も「Runaway」を歌ってるんですよね。自作のですが。
それぞれインパクトありますねー。

シャネルズはいうまでもなく、顔を黒塗りしての衝撃のデビュー。
なんなの、これは!?と思わせましたし。
その頃はまだ子供だったから、めっちゃおっちゃんに見えたんですけど、彼らってまだまだ若かったんですよね。

ニューヨリカン・ソウルは、単純にかっこよかったなー。
サルソウル・オーケストラはオーケストラって名乗るだけのことはあって、大所帯ってのは想像できたけど、構成の変更はあるものの、40人オーバーの体制って多すぎない?て思ってまいました。
まぁ、聴いてるだけだと、そんな人数とは思わないから、ちとビックリ。

ジャミロクワイはヴォーカルのJKが帽子かぶってないなんて!て驚きをくれました。
いつも独特な感じの帽子かぶってて脱ぐことあるの?て感じでしたもんね。

んー。
このタイトルだからインパクトがあった。てこともないか。
でも、最もヒットした数の多い曲名ランキング、なんてのがあったら、ええとこに入りそうですねー。



シャネルズ " ランナウェイ " Youtubeはこちらへどうぞ。
Salsoul Orchestra " Runaway " Youtubeはこちらへどうぞ。
Nuyorican Soul feat. India " Runaway "(live on The Grind) Youtubeはこちらへどうぞ。
Jamiroquai " Runaway " Youtubeはこちらへどうぞ。


鈴木雅之さん。
何をもって最高というのかは人それぞれでしょうけど、見事な歌声でラブソングを歌わせたら日本屈指のヴォーカリストという評判の人ですね。
実際そう思います。



ソロ・デビュー25周年記念シングル「愛し君へ」。
まぁ、聴いてはいるんですけど、カップリング曲の「 L-O-V-E 」の方が気に入ってたりします。


Lと書いたら Look at me
Oとつづけて Okey
Vはやさしい文字 Very Good
Eと結べば愛の字 L・O・V・E
Love は世界の言葉
Love は二人の宝
愛しあえば 明日も明るい
Love, Love You love, I Love you


鈴木さんに歌わせな!てな歌詞ですよね。


ナット・キング・コール( Nat King Cole )の歌声で聴きなじんでる曲ですけど、鈴木さんの歌声で聴くと、似合いすぎ!て思ってしまいます。

どっちが優れてる。て言えるものでもないんですけど、先に聴いてた方が耳に馴染んでて、あとから聴いた方に違和感を感じるってことが多いですけど、鈴木さんは、こういう曲と相性がいいのか違和感なんてちぃとも感じません。

この曲自体、けっこう前だったと思いますけど、CMで使われたりもしてますから、どこかで聴いたことある。て人は多いでしょう。

そして聴いたことある人は鈴木さんの歌うのを聴いても「納得。ええなぁ。」てなるのでは?て思ったりします。

ファンのひいき目かもしれませんけどねf^_^;

60'Sの曲ってロマンティックな雰囲気の曲が多いように感じますけど、そういう曲って鈴木さんの醸し出す雰囲気ともよく合ってていいですね。


プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。