上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンマ、彼女って僕の理想の女性やねん
ディナーなんかに連れてって、見て見て〜、て見せびらかしたくなるよなコなんよ
彼女ってね、どない振舞ったらええんか、ちゃ〜んとわかってくれてんのよ
センスいいし、上品やし、非の打ち所がないんよ
彼女ってレディ、て感じやわ
うんうん、淑女やね
あの素敵な女性ね
あのレディが僕の彼女なんですわ

彼女はね、煩わすよーなことはせぇへんしね
いっつもええこと言うてくれんのよ
ホンマ、最高やで
彼女には、好きなよーにしてもろてんの
ひとりにしといても大丈夫やし、なんも問題あらへんねんもん
彼女って、ええ女性やわぁ
うんうん、淑女ってやつやね
あの素敵な女性ね、僕の彼女ですねん(o^^o)

彼女、あんまりあれこれ言うてけぇへんのよね
言うてくれてええねんけどね〜
いつだって彼女のことは敬意を持って、接してんのよね
ひどい扱いなんか、するわけあらへんわ
彼女みたいな人は、滅多に出逢えるもんやないねんもん
彼女を失うなんてことは嫌やねんもんねー
頑張ってデカイことしてみせるで、て気にさせてくれるんよね

彼女、僕のこと、わかってくれててね
プレゼントなんかしても、なかなか受けとってはくれへんのよね
ホンマ、僕のこと、よぅわかってくれててさぁ
どないしといたらええんか、僕の扱い、てもんをよぅ知ってんのよね
彼女って、ええ女性やわぁ
うんうん、淑女ってやつやね
あの素敵な女性ね、僕の彼女ですねん(o^^o)

そうそう、彼女はレディやねん
聞いてくれてる?彼女はレディやねんて
うんうん、淑女ってやつやわ
このかわいい女性ね
彼女、僕の彼女やねん
そうそう、彼女はレディやねん
そいで、僕の彼女なんだよねー(o^^o)



トム・ジョーンズ(Tom Jones)の「She’s a lady」です。
経済的に裕福というわけやないから、そない贅沢させてあげられるわけやないねんけど
支えてくれたり、励ましてくれたり、元気づけてくれたりするよな、出来すぎやわ、て思える女性とともにいられる幸せな男性の歌みたい
このコのためなら頑張れる、て思える女性がいるんやから、そら頑張って働くやろねぇ

一歩ひいたようなところから陰に日向に支える女性と、前面に立って頑張る男性、てなカップルは、今風やないんやろけど
ふたりでひとつ、みたいなこと、思たら、こういうの、私の親世代なんかやと、こんなんて、理想像やったんやろなー
お互いのこと、ちゃんと思てるから、うまいこといくんやろねぇ


Tom Jones - She's a Lady (AVO SESSION 2009) - Youtubeはこちら



スポンサーサイト
大御所ともなると、リリースしたアルバムの数は多いですよね。
それはわかってますけど、トム・ジョーンズ( Tom Jones )の新作は通算40作目になるんだとか。
歴史を感じさせますねー。

大御所の間で流行ってるの?てな感もあるデュエット・アルバムではなくて、純粋なソロ作品。

トム・ウェイツ( Tom Waits )の「Bad As Me」をカバーしているんだとか。
ファンというわけではないけれど、それでも気にはなりますね。
ちょっと気になる曲をどーんと送り出しては、またしばらく見ないなー。てな風になるお方。
コンスタントに活動してはるんでしょうけどねー。
全然種類は違いますけど、私にとってはヒロミ・ゴーみたいな感じ。

アート・オブ・ノイズ( Art Of Noise )と一緒にやったプリンス(Prince)の「Kiss」のカバーとか、「恋はメキメキ( If I Only Knew)」あたりが印象的。
「恋はメキメキ」も、もう15年、もっと前?くらいなんですよねー。
全盛期はどうだったんだろうな?と思うくらいパワフルですよね。

何を歌わせても余裕綽綽で歌てまうんだろうなー。て思わせるとこがありますもんね。



変に安っぽくなってませんし、畏敬の念で見られる雰囲気があって。
大物スターとは、かくあるべき。てな感じでいいですね。

大御所の新作って、期待を上回るのって難しいんでしょうけど、ファンを納得させるものはつくれてしまうんでしょうね。

彼よりも年配のミュージシャンは何人もいてるんでしょうけど。
ライヴ活動は続けてるでぇー。てなのはゴロゴロといてそうですから、わからないとしても。
レコーディングも続けている現役のミュージシャンの最古参って、いったい誰なんでしょうね?

ポール・マッカートニー( Paul McCartney )やエルトン・ジョン( Elton John )、スティーヴィー・ワンダー( Stevie Wonder )あたりはパッと浮かぶけど、ここいらへんが最古参ではないですよねぇ。

ちと気になるけど、名前も聞いたことない方。てなことに終わりそうな気もしてしまいますね。

年配のミュージシャンの活動って、ただ続けてくれているだけで涙モノ。てなところもありますけれど、健在ぶりをしっかりアピールされるとやっぱり嬉しいですね。


ビーチ・ボーイズ( The Beach Boys )もえらい久々にアルバムをリリースしますねー。
グラミー授賞式でもパフォーマンスしてましたし、ライヴはするかと思いましたけど、新譜を出すなんてねー。びっくりです。
50周年ってなアニヴァーサリー・イヤーだからなのかな?



若造には負けてられへん。とかいう意識はもうないんでしょうね。
自分の中の創造性を見つめ直して、つくってみた。て風に思えてきます。

そういうのは昔からのファンには嬉しいことなんでしょうけど。
新作を聴いて新しいリスナーのハートをわしづかみ。なんてことになるんだろうか?とは思ってしまいます。
過去の偉大な遺産を上回る出来栄えに、てのは難しいですよねー。



Tom Jones " Bad As Me " Youtubeはこちらへどうぞ。


Tom Jones " If I Only Knew " Youtubeはこちらへどうぞ。




2月29日。
この日の誕生日の人は4年ごとに歳をとるのかな?4年ごとに4歳分、どーんと歳をとるのかな?て誰もが1度は考えますよね。

よく結婚記念日を忘れてケンカする、なんてのを聞くから、この日なら忘れることはないだろ。てのでこの日を結婚記念日にしようとして、それだと記念日が4年に1回になるやんか、と結婚前にケンカしてた友人がいます。

4年に1度発生するだけのレアな1日だというのに、とりたてて何かイベントがあるわけでもない残念な日ですね。
毎年やってくるわけでもないから各業界も手を出す気にはならないのかな?
語呂合わせでニンニクの日、とかにはなってそうな気はしますけど、それくらい?

2月におまけの日が入るんだから、12月31日は366日目。
これまた4年に1度だけど、特に何もなく、普通の大晦日と変わりないですね。
閏年って、別に嬉しくもなんともないものなの?
オリンピックはあるけど、それを知らせるための2月29日ってわけでもないですもんね。

あー、もう2月も終わりかぁー。
今年に入って2ヶ月が過ぎてしまったのね。
て思うのが29日があるから1日遅くなったわけですが。
1日だけとはいえ、2月と3月ってけっこう印象違いますね。

季節をきれいに4分割するとして、私の気分的には3~5月は春、6~8月は夏、9月~11月は秋、12月~2月は冬。

数日前には雪がちらっと降っていても、3月は、もう春のイメージ。
例年通りなら春だ3月だ。てなってたのに、今年は2月の終わりだ。冬も終わるなー。ですからね。

こんなかわいそうな扱いの2月29日。
トム・ジョーンズ( Tom Jones )の「よくあることさ( It's Not Unusual )」は恋愛ソングだけど。 「あんまりないなー( It's Unusual )」てな感じの曲を詩人が詩にしてもいいのにね。




Tom Jones " It's Not Unusual "(Live) Youtubeはこちらへどうぞ。




プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。