上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛する人が現れて、その人と一緒に過ごしてくねん
みたいなこと、あんた、ずーっと、そんなん思ててんやろ?
で、あたしがあんたと出会たわけやんか
それを手離したりなんかしてたらあかんよね
ホンマやな、とは、なかなか思ってもらわれへんもんなんはわかってんねんで?
前にも言われたりしたこっちゃろし
せやけど、そこは信じてみとかなあかんやん
もういっぺんだけ信じてみてよ

だってね、バイバイ、て言うても、もう、ずっと会うたらへん、てことやないねんて
言わせてもろたらね
さよなら、てのは、もう一緒にはなることはないんやで、てなこととはちゃうねんて

あんたが目ぇ覚まして、あたしがそばにいてへん、てなっててもね
そんなん、そないずっと、てことにはならへんて
あんたはあたしがあんたんとこにおいでよ、てしてくれるやろからね〜

また傷つくんがこわいんや、言うんはわかるんよ

そんなんと、あたしへの想い、てので、心ん中で争うてるわけやんか
愛情注いでくれたらええのに

なんやいうても、あたしね、いつまでもは待ってられへんよ?
わかってもらえるよーにはするけどね
あたしって、あんたとお似合いやったやん
あんたかて、あたしにピッタリやったやんか

せやねんからね、バイバイなんて言うても、ずっとのことやないねんて
もう二度と会うたらへん、てことやないねんて

あたしら、離れてたって、あんたにハートつかまれたまんまやねんて
せやから、あんたの中からバイバイ言うたコ、てなことは消去しといて
だって、今、ようやく、あんたはここやな、てとこにいてんねんもん

さよなら、てのは、ずっとやないねんからね
さよなら、て、もう会うたらへん、てのとはちゃうねんて



恋愛で傷ついてきた人が、初対面から意気投合
気があうわ、て思たりしたけど、恋愛に前向き、いう風にはいかへんくって
別れ際のひとことが、またね、やなくて、バイバイて言うてもた
いやいや、気になるから会いたいねんで?
もう会うことないやろ、とかは残念すぎるわ、と思てんねんで?
せやけど、どないしたもんやろなー、て頭悩ませてます
てな話かとも思たけど

PVみてると、つきあってて、ケンカでもしたんかな?
せやけど、すぐ後悔してもうた、みたいな感じなんかな〜
別れてみたけど、何かが足りない感じになってもうたわ、てな風に思えたりするわ

どっちにしたかて、あとで振り返ると、たいしたことやないのに大騒ぎしてたなー、なんて思い出したりすることになるんやろねぇ


Rumer - Goodbye Girl [OFFICIAL VIDEO] - YouTubeはこちら



スポンサーサイト
前作というかデビュー作が好評でしたし、期待もかかるところですね。
どーんと大きく飛躍をとげてもおかしくないのになー。て思えるだけに、もっと早いタイミングでのリリースだったらどうなったかな?と思ってしまうのがルーマー(Rumer)の新譜。


カバー曲集なんですね。
それも男性ヴォーカルのものばかりらしい。
ちと意外。
ソングリストを見ていても、あぁこの曲ね。と、ピンときたのはホール&オーツ(Daryl Hall & John Oates)の「 Sara Smile」くらい。
単に私が知らないだけでしょうけど、有名すぎる曲ばかりではないみたい。

彼女は30歳すぎてからという遅咲きのデビューだったから、見過ごされてきたような、埋もれてしまっている、もっと評価されるべき曲たちに対する理解が深いんでしょう。
世に改めて送り出したかったんでしょうね。

オリジナルばかりでなく、カバーでも新たな生命の息吹を吹き込むことができるなら、それは素敵なことですが。
そんなことのできる本物の歌手なんだから、これはやらなくては。てな使命感を抱いてしまったのかもしれませんね。

何年もCDなんて買うてないわ。と積極的に音楽を聴くことから離れていたような人も、再び音楽の虜にしてしまった。というくらいなんだから、彼女の音楽に聴きほれる人は多いでしょう。

カラオケ上手やねん。てな程度とは違って、上手に美しく歌うだけでなくて、きちんとことが以上のものを込められる人だから、その歌声で息を吹き返す曲が多数、世に送り出せる、ということなんでしょうね。

この曲を聴いてほしい。という思いは選曲した時点でわかることなんですけど、伝える力のある素晴らしい歌声で歌われると、ええ曲やなー。と感じる人は多いでしょうねー。



Rumer " Sara Smile " Youtubeはこちらへどうぞ。




毎年のことながら、賞レースってのが騒がしいですね。

グラミー賞
以前は気にしてましたけど、誰が受賞するかな?てのは、そんなに気になる人がいるわけでもありませんので。最近は特に関心はありません。

それでもライヴ・パフォーマンスは楽しみですけど。

100部門以上あるんですから、さすがに全てに興味津々。て人の方が少数派ではないかと。

主要4部門って称される最優秀レコード賞(Record of the Year)、最優秀アルバム賞(Album of the Year)、最優秀楽曲賞(Song of the Year)、最優秀新人賞(Best New Artist)に注目が集まるわけですから、それだけでもよさそうな気がします。

権威ある音楽賞ってのはいろいろ大変ね。

ショーとして楽しめるから、ブリット・アワード(Brit Awards)の方がすっきりしてて好き。

誰が一番か決めるなんて、リスナー個人が決めればいいことですから、細かすぎるジャンル分けなんて、意味ないし。

ブリット・アワードで気になるアーティストといえば、ルーマー(Rumer)。

最優秀ブリティッシュ女性アーティスト賞(British Female Solo Artist)と最優秀ブリティッシュ新人賞(British Breakthrough Act)でノミネートされてます。


音楽そのものがすべてで周辺事情なんてのはどうでもいい、ていえばそうなんですけど。

ドラマチックな人生(てのは言いすぎかもしれませんが、安穏たる日々を過ごしたとはいえなさそう)と長い下積み生活、そしてバート・バカラック(Burt Bacharach)やエルトン・ジョン(Elton John)に絶賛されているという事実に加えて注目に値する歌声。

単に上手な歌い手が素敵な歌を歌う、ていう以上のものが伝わってきます。

カレン・カーペンター(Karen Carpenter)やキャロル・キング(Carole King)を彷彿とさせる「無垢な歌声」とも言われる歌声。

ホントに彼女の歌声には癒されます。

国内盤。
輸入盤をもってるから、別にいいかな?て思うんですけど、国内盤にはボーナス・トラックが。

ブリット・アワードにノミネート、てのをうけてリリース決定。てなものだったのかもしれないけれど。
もっと早くリリースしてくれていたらよかったのにな。て思ってしまいます。



Rumer “ Slow ”(Live @ Highline Ballroom, NYC) Youtubeはこちらへどうぞ。


プロフィール

カテンベ

Author:カテンベ
音楽とか映画とか本とか、ゲームとか。
お気に入りのもんだったのに、最近接してないなぁ、てのを見直してみようかな、て思っとります。

リンクはご自由に。

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ABC (4)
U2 (9)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
AMAZON
FC2カウンター
お気に入りアルバム
お気に入りもありすぎるくらいありますが、これははずせません。
おすすめ本
Kindle
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログをリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。